私このところ、どんな方にもこころがパッカ~ンなのである(笑)。

と初めから、かなりおめでたいモード全開ですが、
実は最近、屋号のハッピーカラーのハッピーウィルスに侵されて来たのか、
根拠なくこころがハッピーなのである。

で症状?としましては、
特に嫌いな人と言うのが無くなって来て、
どんな人とでもこころが自由で、無抵抗になって、
相手を認め受け入れて楽しんでいる自分を感じるんですよね。

これは、大変ラクであるし、楽しい。
だから笑顔にもなるし、いいこと尽くめ。

で、どうしてなんだろうと考えてみると、
実は人としてこころが成長したというより、
脳=記憶力の低下=老化のお陰なのかもしれないとも思う(笑)。

何故なら会った途端に、
自分がその方を好んでいたのか嫌っていたのかさえも、
瞬時に思い出せないとことが多いのである。

困ったもんである。

が、でもこの瞬時にその方との関わり方が出てこないのは、
ニュートラルなこころでお話しができるので、
結果どの方も楽しくお喋りしているのである。

後で、自分でその方に以前持ち続けていた感情を思い出すが、
でももうどうでも良くって、その人の在り方を今は認めている自分に驚く。

「人類皆兄弟、友達」の世界が登場という訳である。

もう恨み(うらみ)も嫉み(ねたみ)妬み(そねみ)も、
みんな忘れてしまって、リセットした人間関係。

こころが平和で、え~こっちゃあ~、え~こっちゃあ~。

多分にこれは老化の賜物なのだろうが、
こうしてみると、老化もまんざら悪いものでもない時もあるのかも?

それに、人を嫌ったり、憎んだり、恨んだりする感情って、
すごくエネルギーが要るし疲れる。

だから、もうそんなところにエネルギーを使っていては、勿体ない勿体ない。

ましてや高齢者ほど、
エネルギーの無駄使いをしないようにしないとね。

人生、人間関係の感情は省エネモードで
いつもハッピーハッピーで参りましょう!

それでも、分かっちゃいるけれど、
どうしても許せない人、憎らしい人が自分のこころの中にいつも居て、
イライラさせられている自分にイライラしている方、
どうぞそのこころを軽くしてみませんか?

嫌いだ嫌いだといいながら、いつもその人のことでこころがいっぱいになっているなんて、
結局その人に恋をしているのと同じじゃあありませんか?

「も~、バカみたい!なんで私があの人に振り回されないといけないのよ!」と
お怒りのそのこころの仕組みをお伝えします。

そして、こころが軽くなる方法をアドバイスいたします。

ご予約はこちらから

対面、電話(通話料はお客様ご負担でお願いいたします)、スカイプに対応できます。
詳しくはお気軽にお尋ねください。

さぁ秋風の中、こころを軽くして、
颯爽と気持ちよく歩き出そうではありませんか。

それにしても、感情を表す言葉の多くに、「女へん」が多いこと!

それだけ昔から、女性が感情的ってことなのかもしれませんね。

それでは、また・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です