「日頃何気なく見ている色、使っている色に、こんなに意味がありドラマがあるとは・・・」と、皆様からの嬉しい反応に、もっとカラーの情報をお伝えしたいハッピーカラーの梶屋玲子です。

と言うことで、先日のコンビニコーヒーのカップの色彩設計のうまさをお伝えしましたが、本日もそのロイヤルブルーのお話し第二弾をお届けします。

この写真のレディー、最近は余りメディアには登場しませんが、アメリカのヒラリー・クリントンさん。

ロイヤルブルーというと、私はこの方が米国国務長官時代に初めて来日した時の、飛行機のタラップを降りてくるときの姿を思い出します。

その時のファッションが、ロイヤルブルーのスーツでした。

思わず「さすが!」と声を上げましたね。

色々な色のある中で、この時の彼女の立場にはこのロイヤルブルーはドンピシャGOOD!

日本と友好関係を築き円満に、でも凛として国務長官としての責務を果たすために、洞察力と落ち着きのある女性をアピールするには、ロイヤルブルーは持ってこいな色です。

それに、格式のある高級感も醸し出す色なので、先ず最初にタラップを降りて来る時のアピール色としては一番いい色ですね。

もう一つおまけに、静かだけれど「どうだ!」という強さも秘めている色ですからね。

このように、色は無言のメッセージを発信しているので、いつも言ってますが「色をあなどることなかれ!」です。

でないと、あなたの本当の思いは、ひょっとしてちゃんと伝わっていないのかもしれません。

色の無言のメッセージは、私たちの心の奥に働きかけ、その結果、理屈抜きに皆さん同じように色のメッセージを受け取っているのですよ。

嘘のように思われる方が多いかもしれませんが、色は凄い力を持っているんです。

だから大事に扱ってほしいですね。

特に、お商売される方や商品開発する時は、色彩心理を踏まえた色彩設計はもう当たり前に必要なことです。

ここを軽く扱うと、伝えたい思いが消費者に伝わらずに、結果売れない、お客が来ない、人気のないお店、商品、建築物になるんですね。

これは、選挙ポスターの立候補者の方のカラーコーディネートにも言えます。

選挙スローガンと、ポスターの色、立候補者の方の洋服、ネクタイの色はちゃんと計算された色を使わないと、伝えたいイメージ、思いは伝わりません。

と、色のパワーを少しご理解した頂いたところで、本日はここまで。

それにしても、話が戻りますがロイヤルブルーの色は、ヒラリーさんには顔映りのいい色でもあるので、得していましたね。

じゃあ、ロイヤルブルーが顔映りの良くない色の人はどうするの?って話になりますが、それはまた明日お伝えしますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です