「相談になって欲しいと言うから相談にのったのに、なぜ相手の女性は機嫌が悪くなったのでしょうか?」とお困りの男性からのご相談のお話しをしましょう。

こんにちは!
” Are You Happy?” と聞かれたら、“Yes,  超 Happy!  ”と笑顔で答える人を増やしたい、ハッピーカラーの梶屋(かじや )玲子です。

さて、本題に入りましょう。

この方のようなお悩み、男性には経験があるかもしれませんね。

結論から言うと、女性が相談に乗って欲しいと言っても、真に受けてストレートにアドバイスなどしてもダメと言うこと。

ここでもう既に、男性にとっては理解できないかもしれませんね(笑)。。

実は、女性が相談に乗って欲しいという時は、アドバイスより本当は、「私の気持ちを解って~」と思う気持ちのほうが強いのです。

だからこんな時には、感情に寄り添ってあげると、とっても女性から喜ばれるという訳なんです。

間違っても、理論的にパンパンパンと進めて問題解決をやってしまわないように。

「あなたには、私のこの辛さが分からないのよ!」なんて言われたりして、「なんのこっちゃ~」ですよね。

女性はただ単に、自分の大変な思いに寄り添ってほしいのです。

この心構えは、ご夫婦の間でも男性は使えると思いますよ。

奥様にご機嫌になってもらうには、「うん、うん、うん。」「ふ~ん、そうなんだね。君も大変なんだね」「分かるよ、その気持ち。辛いよねそんな言われかたしたら・・・」など、聞き役に徹すること。

そして最後に、ちょこっと必要なアドバイスを上手に伝えると、とっても奥様はご機変になるという訳です。

これが夫婦円満の秘訣!!!

これって、男性にはちょっと面倒なはず。

でも、男性と女性の脳は違うので、しょうがないんですよね。

だから結婚生活って、やはり努力が要るんですね。

「お互いの違いを認める=円満な結婚生活」と言うことで、今日はこの辺で失礼します。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です