2021.10月28日、10月度のアートワークセラピー講座のレポートです。

今回のお題は「ギフト」。

インクのしみ込んだ画材に指や手のひらを付けて、画用紙にペタペタと思いのままに描きます。

以下に、当日の受講生の上掛 由美さんの感想を読んで頂けると、その場の空気感が伝わってくるかと思い、
お断りしてシェアさせていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日は、月に一度の梶屋 玲子先生の
アートワークセラピーの日。
    
今回のお題は「ギフト」。
  
「誰にどんな想いを込めて
どんなギフトを送る?」
    
今回は、指で直接ペタペタと
カラーインクを紙にのせていきました。
   
まず、5分間自分の画用紙に色をのせる。
次に左隣の人に自分の画用紙を回す。
   
受け取った人は、
それにペタペタと色をのせていく。
   
そんなローテーションを5回繰り返して
ひと回りして
自分のところにその画用紙が戻ってくる。
   
それぞれが誰かの絵をそんな感じで
ひと回りさせながらペタペタと色をのせていきます。
    
自分ひとりで描くのとは違って
戻ってきた絵は
想定外の仕上がり。
    
そして、面白いことに
そこには集合無意識が働いて
今の自分へのメッセージをのせて
自分のところに戻ってくるのですね。
    
わたしは最初は
サプライズのギフトを考えてみようと
大きな虹🌈の花束を💐大切な人にギフトすることにしました(イメージの中でね)
    
わたしの手元から絵が回り回って
わたしのところに戻ってきたら
虹🌈の周りにたくさんの色が散りばめられていました。
    
虹の存在がもはや薄れている。
   
それをみて思ったのです。
    
サプライズみたいな大きく目立つギフトなんて、必要ないのかもしれないな。
 
日常の小さなことに
「すでに」ギフトはあるのだな。
  
日々の中の小さなギフトをどれだけ見つけることができるか。
  
見つけた分だけ
人は幸せになれるのだよ。
   
そんなことを
この絵から教えてもらいました。
  
それに気づけたことが
参加された皆さんから
わたしへの「ギフト」となりました。
  
みなさん、ありがとう。
 
「ギフト」
  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です