9/24開催されました「アドラー心理学で心を学ぶ凸凹お茶会」の報告です。

『児童発達支援放課後デイサービスピタゴラス』様主催で、大きな古民家の大広間でぐるりと円座になり、9名の参加者の皆様に2時間にわたりお話しさせていただきました。

『人生が困難なのではない。あなたが人生を困難にしているのだ。人生は、極めてシンプルである』(アルフレッド・アドラー、人生に革命が起きる100の言葉より)

先ずは本の1ページ目のこの言葉だけでも、心の中がザワザワする方多いんですよねぇ(笑)。

「このザワザワは何?」
「どうしてザワザワするの?」などなど。

その皆様の???を、分かり易く色々な角度から日常の一コマに例えたり、果ては宇宙の仕組みで説明したりと、あの手この手でこのアドラーの言っている事を、私の脳はフル回転しながら説明していきます(笑)。

そしたら段々皆様心の中に落とし込みが出来て、寂し気だったり不機嫌そうなお顔が、晴れやかに、憑き物が落ちたようなお顔になって行きます。

たった1ページの、このアドラーの言っていることが理解できただけでも、人生かなり変わると思いますよ。
こうやってこれからも毎月この施設では、このお茶会を開催して頂けるようになりました。

ご興味のおありの方は、まずは一度参加してみませんか?
次回は10/08、/22、11/12、/26です。

以下は当日参加された方の感想をご紹介します(ご本人に許可を頂いています)。

・・・・・・・・・・・・・
アドラーは流行ったのもあり、なんとなく聞いた事はありましたが、先生のお話で眼から鱗というか、ああ思い当たる!という事がたくさんありました。

謙虚に生きてきたつもりが、振り返ると「私は正しい」と他人の意見を聞き入れなかったなーなんて 笑

今40を過ぎて、8年母親をやって、だからこそすっと入ってくるのがあって、学びは早ければ良いものでもなくタイミングだなぁと思ったり。

いろんな悩みを抱えたママさん達のお話も聞けて得る物が沢山ありました😊

帰宅して、子供と些細な事で言い争いになり、イライラしていつもの様に夫に愚痴LINEを送りつけてましたが、
ふとその日聞いた「シナリオを書いてるのは自分」という言葉を思い出し、イライラしても仕方ないな、と鬼滅の雑誌を読み始めたら息子に対するイライラがスッと消えて、
こちらが笑ったら息子も普通に接してきたので、おおらかな心大事だなぁと実践できました😁
以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です