ピンクのリボンのギフトに、ウキウキるんるん気分のハッピーカラーのかじや玲子です。

やっぱり、何てったってピンクはいいですよ。

私も女性の端くれ、季節が春ともなればなおさらのことですわ。

でも、女性なら誰しもがピンクを好きかって言うと、抵抗される女性も時にはあるんですよ。

私は仕事柄、お客様に顔移りのいい色を見つけるパーソナルカラー診断をすることもあるのですが、診断結果でピンクがお似合いの方って、結構多いんですよ。

以前、年配の方を診断した時に、その時のその方のファッションが定番カラー(白、黒、茶、ベージュ、グレー・・)だけで、印象が老けて寂しそうでした。

でも診断すると、余りにピンクがお似合いになるので「どんどん日頃のファッションにピンクを取り入れてくださいね」とお伝えしたら、何とビックリ!

「ピンクはいっぱい持っているんですよ。でも着て出たら、人になんて言われるか・・・。もう歳ですからね」とお答えになったのです。

もう私は、腰が抜けるほどビックリしましたよ。

自分のたった一度の人生を、周りの目を気にしながら着たいものも我慢して、何となくみんなと同じ格好をして生きて行くなんて・・・・あ~勿体ない勿体ない!

どうですか?

こんな年配の方って、特に日本人には多いように感じません?

ちょっと聞くとこの方って、人から噂されて可哀そうな被害者って気がしませんか?

でもでも、とんでもない!

本当は、加害者なんですよ。

どうしてか?

それは、日頃周りの人のファッションを見てこの方自身が心の中で、「まぁ、年甲斐もない格好して・・・・。若づくりしちゃって・・・」などと思っているってこと。

そうすると今度はどうなるか?

自分が着たい色、着たいファッションをすると、周りの人が自分と同じことを言いそうに感じて、着たいものを着れなくなるというだけのこと。

ブーメランの法則ですね。

自分の投げた言葉(心の中で声に出さなくても言っているのと同じですぞ)は、廻りまわって自分に返ってくるという宇宙の法則ですな。

じゃあこの方はどうしたらいいのか?

日頃から、自分の着たいもの、やりたいことなどを我慢せず、自由に人生をのびのびと楽しめばいいんです。

そうすれば、例え隣の90歳になるおばあちゃんがショッキングピンクを着てたって、何にもイライラすることなく「イエ~ィ!すっごくステキ!」って心から手放しで喜べるようになるんです。

そうすれば、結局自分がラクになるんです。

人の生き方をとやかく誹謗中傷するのは、結局自分が損するってことですね。

何でも我慢せずに、「私は私!」で楽しく生きて行く、開放感いっぱいの自由な人生って素晴らしいと思いませんか?

ファッションも着たいものを着てください。

それにここだけの話、大きな声では言えませんが、そんなにあなたが思うほど、人はあなたを見ていませんから・・・・。

さぁ、梅にめじろも飛び交うほどの春です。

どんどん明るく元気に毎日を楽しく過ごしましょうね。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です