もうすぐ91才になる母親と同居をして、いろいろと高齢者との関わり方を学び中の、ハッピーカラーのかじや玲子です。

とは言っても、私の母は自分のことは自分で全てできて、食欲旺盛、声も大きく至って元気(笑)。

でも、もともと足が弱くて、今では杖を突きかなりノロい歩きながら、マイペースで生活しています。

それでは、ここでいきなり質問です。

あなたは、腰の曲がった高齢者の方が、一人で杖をつきながら一生懸命歩いている姿を見たときに、どんな風に感じますか?

例えば、

「あ~、大変そう。可哀そう!」とか、

「みっともない。私はあんなになるまで生きたくない」とか、

「誰か家族とかといっしょに歩かないと、危ないじゃあないの」とか・・・・。

もっと他にもあることと思います。

勿論、答えはないわけですが、ジャ~ン、これで何が分かるのか?

ズバリ!あなたが高齢者になったときの、自分に対しての感じ方なのです。

「あ~、大変そう。可哀そう!」と思った方は、自分がその時になると、「歳を取ると、大変で可哀そうな私。」になるのです。

「みっともない。私はあんなになるまで生きたくない」と思った方は、自分がその時になると、「みっともなく長生きしている私。生きていても楽しくない」になるのです。

「誰か家族とかといっしょに歩かないと、危ないじゃあないの」と思った方は、自分がその時になると、「危ないかもしれないのに、家族から面倒見てもらえない可哀そうな私」になるのです。

怖いですね~。

だから日頃からネガティブに考えがちの方、その思考の仕方が、未来を創るので、未来は「ほら、やっぱりねぇ~、私の思った通り!」になってしまうのです。

もう辞めるといいですね。

私は、腰も曲がった高齢者の方が、一人で杖をつきながらも一生懸命歩いて居るのを見ると、

「いいぞ、いいぞ!その調子!自分の足で歩いて、行きたいところに行けるって素晴らしいよね。そのほうが楽しいよね。頑張って~!」と心の中でエールを送っています。

私ももっと歳を取って、思うようにどんどん歩けなくなっても、やはり自分の足で少しずつでも歩いていきたいですね。

例えその姿に、何かネガティブなことを言われたとしてもですね(笑)。

最後まで、自由に自分の意志で生きて行きたいですね。

でも、残りの人生の創り方、考え方、とらえ方が解らなくてお困りの方は、一度ゆっくり思い付くままにお話ししてみませんか?

話すことで、ご自分の考えが解ってきて、まとまり易くなります。

そしてプロのセラピストにプレミアムセッションで客観的に聴いてもらえると、よりご自分の未来が見え、これからの人生が明るくなりますよ。

プレミアムセッション(個人)の詳細はこちら

https://happy-color.net/course/

お問い合わせお申込みはこちら

https://happy-color.net/contact/

お願い「無料読者登録」をしていただくと、記事がアップされる度に自動配信されます。P.Cの方は記事右、スマホの方は記事の下方から登録いただけるとかじや玲子は大変喜びます。よろしくお願いいたします。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です