映画の大好きな、ハッピーカラー梶屋玲子です。

この女性、現役、アメリカ女性最高裁判事ルイス・ベイダー・ギンズバーグさん、85歳。

「男性の皆さん、私達(女性)を踏み続けているその足をどけて」と言い放って、気持ちいいねぇ~!

自身の、「女性だから」の一言で
どんなに学力優秀であっても、差別をされて道を閉ざされて来た辛く苦い体験から
性差別の問題を特に訴えて来た彼女。

「幾つまで仕事を続けるのですか?」と聞かれて
「続けられるまで」と答えるその姿、
高齢者の皆様、私も含めて「もう歳だから・・・」は禁句ですぞ。

小倉北九州市小倉昭和館さんで「ビリーブ」と二本立て11/08まで上映中。
この二本はセットで観るとより彼女が解る。
彼女のように、誠実に生きて愛に溢れている人は、カッコいいね👍

https://eiga.com/theater/40/400201/7015/

北九州市小倉北区昭和館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です